マビノギ

シードフィナハハード好奇心をソロで回る時の攻略方法を紹介【マビノギ】

エコーストーンの期限が切れていたため、シードフィナハをとりあえずソロで回ってきました。

クマリオ

最大で30日までしかストックできないから割と忘れがち・・・

今回はシードフィナハをソロで回る時に私がよくやっている方法を紹介します!
難易度とモードはハード好奇心です。

好奇心・恐怖・悲しみによって微妙に攻略方法の差異がありますが、今回触れているのは好奇心の攻略方法です。

クマリオ

人によって色々な回り方があると思います。
今回紹介する方法はあくまで一例と考えてください!

この記事で分かること
  • シードフィナハ好奇心ハードをソロで回る一例
  • シードフィナハの基本仕様

とりあえず前提

前提として、常に使っているスキルと攻略時のキャラクタースペックを紹介しておきます。

常に使うスキル

以下2つのスキルは常にかかった状態で攻略しています。

常に使うスキル
  1. ディヴァインリンク
  2. 戦場の序曲
キャステ

絶対使わないとダメ?

クマリオ

別に使わなくても良いけれど、使うと圧倒的に楽になるよ!
特にディヴァインリンク

キャラスペック

条件をばばっと羅列すると、

  • 戦場の序曲がかかった状態
  • ディヴァインリンク中
  • ケルティックロイヤルナイトソードを両手に装備

みたいな感じです。

クマリオ

スキルは全てランク1です。
段位はまちまちですが笑

シードフィナハを攻略するだけならここまで上げる必要はないかなと思います。
もし攻略するのがイージーなら敵は超柔らかいし。

1つ目のキューブ

3か所スイッチありますが、私は真ん中でやってます。
1個クリアすればOKです。

キャステ

ほかのスイッチとの違いは何~?

クマリオ

正直分からん笑

とりあえずファイナルヒットでバシバシと

ここで沸く「憤怒の形象」はただひたすら逃げていくだけなので死ぬこともないですが、

逃げ足がべらぼうに速い

のでワープ系のスキルとか、遠距離に攻撃できるスキルの使用がおススメです。
私は人間なのでファイナルヒットを使ってます。

2つ目のキューブ

敵を円の中心に入れるタイプのやつです。
パーティメンバーが増えると円の中心に入れる必要匹数が増えます。

  • ソロ⇒7匹
  • パーティーメンバー1名増加⇒2~3匹必要数がランダムで増加

2つ目のキューブは4か所スイッチがあってどれか1つをクリアすればOKです。
クリアする場所は別にどこでもOKです。

人形で一気に終わらせる

ここは人形術の誘惑&疾走コンボで乗り切っています。
集める系のスキルがやりやすいです。

私の場合敵の硬さがそこまでつらくないので、イージーより敵の沸く数が多いハードが楽です。

3つ目のキューブ

3つ目のキューブは攻略方法選択式になっています。
以下のどちらかを攻略します。

選択肢
  1. キューブを叩いて2つ目のキューブと同様の攻略を1か所
  2. 魚の骨の群の中央のキューブを3か所叩く

ソロだと①で、パーティだと②の方が楽かなぁ・・という印象です。

①は2つ目のキューブより中央に入れないといけない数が増加します。
また、パーティメンバーがいると中央に入れないといけない敵の数が更に増加するのでパーティで①の攻略は非推奨です。

クマリオ

イージーならソロでも②の方が圧倒的に楽!
魚の骨が沸く数少ないので。

①の方は2つ目のキューブと攻略方法が同じなので省略します。

魚の骨攻略方法

魚の骨を避けつつ、中央のスイッチを押します。
魚の骨は別に倒さなくてもOKです。

5匹以上倒すと追加で魚の骨が沸くため、むしろできるだけ倒さない方が良いです。

クマリオ

運がいいと1匹も倒さず完了できることもあります。

魚の骨にキャラクターが触れると様々なデメリットが発生する上にスイッチを押せなくなります。
間違えて触ってしまった場合かなり攻略に時間がかかる場合があります。

魚の骨に触れた際のデバフ一覧
  1. ペットが出せなくなる
  2. 足が遅くなる
  3. スキルが使えなくなる
キャステ

そーーーっと優しくね!

4つ目のキューブ

3か所のキューブから好きな場所1か所を攻略します。
場所によって特に差異もないのでどれでもいいです。
4つ目のキューブは特に攻略で言うことないかなと思います。

出てきた敵をひたすら倒せ!

これだけです。

キャステ

分かりやすくていいね!

自分の好きなスキルで攻略すればOKだと思います。

中ボス戦

中ボス戦は不安の形象と恐怖の形象を倒す必要があります。
流れとしては不安の形象⇒恐怖の形象の順番で倒します。

実はシードフィナハは中ボスが一番難しいし、ちょっと癖があるので初見で躓きやすいポイントです。

クマリオ

結構シードフィナハやってますが、一番苦手です。

各モンスターごとに解説していきます!

不安の形象

魚の形をしたモンスターです。
保護がめちゃくちゃ高く通常攻撃がほとんど通りません。

キャステ

なんなんこいつ!
癖がすごい!

通常の攻略は難しいので、以下手順で非常に楽に倒せます。
ノーマル以下なら①で全部倒せると思います。(死の舞踏ランク1時)

攻略手順

  1. 死の舞踏で不安の形象にある程度ダメージを与える
  2. 子守歌で眠らせる
  3. メテオストライクを不安の形象に打ち込む

クマリオ

ハードはメテオ必須ですが、ノーマル以下は要らないかなぁ。。。と思います。

死の舞踏はアンコールでクールタイムリセットが可能です。
ダメージが足りない場合はアンコールで死の舞踏を再使用しましょう。

恐怖の形象

ペットの冥帝のワイバーンと瓜二つな見た目をしています。
こいつを倒すのがとにかく大変・・・

何が大変かというと、高火力なサンダーとファイアボールをガンガン打ち込んでくるところです。

モードによって出てくる敵の数が変わります。

恐怖の形象の数
  1. 好奇心⇒2匹
  2. 恐怖⇒3匹
  3. 悲しみ⇒4匹

4匹倒すのはしんどいので、私はソロなら絶対好奇心です。

おススメの倒し方はCCワンドでファイアボルトをひたすら打ち込むです。
物理攻撃がほとんど効かないので・・・

CC(チェーンキャスティング)ワンドとは

1回の詠唱で複数回の魔法キャスティングができるワンドのこと

改造にCC改造があるワンドを改造することでCCの効果を得られる。

最後の1匹になると30秒後に自動回復&すべての恐怖の形象を復活させる謎儀式が始まります。

この儀式が始まったら30秒以内にサクッと倒しましょう。
なお、儀式中は無防備です。攻撃もしないし、その場から動きません。

クマリオ

最後に残す1匹は30秒以内に倒せるライフまで予め削っておきましょう。

最後になりましたが、恐怖の形象は認識範囲が狭いのでうまいこと立ち回れば1匹ずつ倒すことが可能です。

5つ目のキューブ

基本的には3つ目のキューブと同じですが、魚の骨のスイッチは1か所でOKです。

スイッチ叩いてモンスターを出す方は感覚的には4つ目のキューブ攻略に近い感じです。

3つめのキューブの攻略時に「①普通にスイッチを叩いて2つ目のキューブと同様の攻略を1か所」を選択している場合、魚の骨は攻略不可

クマリオ

今までやったことの繰り返しです。
ボス前の箸やすめ!

魚の骨を攻略する際キューブを押した後魚が半透明になるのですが、半透明後に魚の骨に触れても前述のデメリットがあるので念のためご注意を。

ボス戦

全難易度・全モード共通でボスは「悲嘆の歌」です。
ただし、モードにより微妙にギミックが異なります。

好奇心の場合は非常にシンプルです。

好奇心のボス戦でやること

悲嘆の歌のライフを100%から0%まで削りきる

どちゃくそシンプルなので、攻略方法がよく分からないということはないと思います。

ボスは自分の得意な戦い方でOKです。

クマリオ

正直ボスは固いだけだから中ボスの方が大変です。

まとめ

とりあえず、エコーストーン復活してよかった!

てことでおさらい!

今回のまとめ
  • 3つ目のキューブで5つ目のキューブの攻略が微妙に変わる
  • とりあえず中ボスが大変
  • ボスは固いけど何とかなる

エコーストーン30等級遠いなぁ・・・
ではまた、ばいばいっ!