マビノギ

レヴァナックル作成!性能紹介やタコナックルと比較【マビノギ】

早速ですが、レヴァナントスプリンターナックルを作ってみました!

私がマビノギに復帰してちょうど1年くらい(同じ時期にくまLogも始めました)でようやくナックルが手に入りました。

クマリオ

正直めちゃくちゃ感慨深いです。

今回は何故このナックルを作った?という話や、タコナックルと比較してどんなもんなんだ?という話、そして今使ってみての使い心地はどうかという話をしていきたいと思います。

動画はこちらです。

何故レヴァナックルを作ったのか?

最大の理由は単純に霧が宿った赤い宝石が手に入ったからですね。
霧宿どうしようかなぁと思って、前々から作りたいと思っていたナックルに手を出そうじゃないか!っていう思考になりました。

タコナックル手に入るまでナックルはやらん!なんて言ってたらいつになったら使えるようになるか分からないですし・・・

私が言うとポジショントークのように聞こえちゃいますが、実際普通に使えるレベルだと思うんですよ。

先程見ていただいた通り、チェーンダメージ増加ももちろんありますし、

チェーンクールタイム初期化もありますしね。30%ですが。

また、エルグもとりあえずこっちで作ってしまえば転移のカタリストが入手出来たらエルグ転移もできます。

クマリオ

手に入れば

こういう考えがあるので上級ナックル入門編っていう意味では、現状は本当にちょうどいいナックルかなぁと思っています。

実際タコナックルと比べてどうなの?

では上位武器タコナックル(ペルシウスメンテッドナックル)と比較してどの位の性能なのか?という事を見ていこうと思います。

と言う訳で比較表を作ってみました。
どちらも通常品質が前提。改造は一般的な最終が専用改造を前提としています。(そこまでの改造は一本道)

クマリオ

特に重要な要素は赤太文字にしてます

攻撃は最大ダメージが約30違うんですね・・・
Willも含めちゃうと36~37位変わりますね。
特に赤太文字にしてはいませんがこの2つも比較的重要な要素です。

しかしながら、格闘のスキルを使うにあたって最終的に最大ダメージ約40以上の差がつくことは明白です。
またどれだけ格闘のスキルを短時間で使えるかも大きく変わります。

それが赤太文字にしたチェーンダメージとCT初期化率に現れています。
CT初期化率も加味すると単純にダメージだけでは語れない火力の差がでます。

30%と50%はCT(クールタイム)初期化の発生率が段違いです。

1回の攻撃あたりでちょっと計算してみましょう。
クリティカルが30%発動としてレヴァナックルだと1回の攻撃辺り9%、タコナックルだと15%の確率でCT初期化が発生する計算です。

クマリオ

これ計算合ってます?

この辺りのナックルが強い本質の部分にこのCT初期化は大きくかかわっていると個人的には思っているので、やっぱり最終的にはタコナックルに移行しないとなぁと思っています。

勿論更なる火力も欲しい所ですが。

今のところの使い勝手はどうか?

どこかの合間に挟む程度であれば、使い勝手は悪くないかなと言った印象です。
と言っても、エルグ20の段階なので正直まだ答えを求めるのは早計かなとは思っています。

ナックルはエルグ45からメイン武器に食い込み、エルグ50でいよいよ本領発揮だと思っているのでひとまずはエルグ45までなるはやで上げていきたいですね。

クマリオ

歌の星屑がでないです・・・

ちらっと出ていましたが、エンチャントは「快速の」と「ギルガシ」です。

この何とも言えない最大ダメージが正にクマリオといった感じがしますね。
まぁ、特に貼りかえる気もないです。

で、精霊はこんな感じ。
以前言った通り、武器性能・スキル強化に全振りです。
精霊のレベルは100なんですが、まだエゴポイント回収しきっていないので残りの回収をぼちぼちやっていこうかなと思っています。

ちなみに細工はとりあえず店売りつけただけです。
1OPだししょーもない効果が付いていました。

またエルグが45になったくらいに今度は主に使い勝手にフォーカスして取り上げたいと思います。

ではまた、ばいばい!