マビノギ

【ネタバレ有】マビノギの歩き方!Part7~メインストリームG1を進めてみよう!その①~

本記事はネタバレを厭いません。
メインストリームG1のネタバレを見たくない方は閲覧非推奨です。

マビノギの歩き方もついにメインストリームを進めていきます!
今回は一番最初のメインストリームG1に挑戦してみたいと思います。

九条みく

メインストリームって何ですか?

クマリオ

いわゆるマビノギのメインシナリオのこと!

攻略方法の詳細に関しては各所で散々語りつくされてますので、このシリーズのメインストーリーを私目線で見た内容になっています。

クマリオ

とは言うものの、ケルト神話の知識ゼロです。
どうなるかガクブルしてます。

キャステ

クエスト攻略の詳細はMabinogi Wikiで確認できるよ~

前回の内容はこちら!

マビノギの歩き方!Part6~思い出話クエストを進めてマビノギの事を知ろう~ 今回は初心者はまずこれから着手して良いんじゃないかな~と思う思い出話クエストについて話していこうと思います! 九条みく 思い出話...

まずは雪だるまを殴ってイヤリングを探す

これまでチュートリアルクエストをちゃんと進めてきた人はクエストウィンドウタブの「女神降臨」というタブに「雪だるまの秘密」というクエストがあるので進めていきましょう。

クマリオ

以降はクリアすると「女神降臨」タブに次のクエストが届きます。

ガイドに従ってシドスネッターに進むと、露骨なくらい頭が光っている雪だるまがいるので一発お見舞いしてやりましょう。

キャステ

昔はこの光るガイドがなかったって本当?

クマリオ

本当。めっちゃ見つけるの大変だった。

クマにマナハーブを5個渡すときは必ず会話!

「渡す」と言われるとアイテムをあげるのか、所持したまま会話するのか迷っちゃいますよね。

今回はマナハーブを5個インベントリに所持して会話です!

クマと会話できるのはエリン時間6:00~18:00まで

あげると何やら必死でこちらに何か伝えてくれます。

九条みく

タルラーク・・・?
サーバー名ですか?

つぶらな瞳がかわいいね

初のRPクエストを体験してみよう

ダンカンにタルラークについて聞いてみた所、タルラークは「消えた三戦士」の一人だそうです。

キャステ

厨二心くすぐられるね!

「消えた三戦士」についてさらに取材をするべく、我々はダンバートンのスチュアートのもとへ向かいました。

九条みく

言え!タルラークとは何だ!消えた三戦士とは何だ!!

クマリオ

絶対そんな聞き方すると答えてくれないからな

スチュアート曰く、「消えた三戦士」は学者の中で様々な議論がされましたが、結局はただの噂話だYO!はっはーみたいなノリで終わっちゃったそうです。
しかし、彼は「消えた三戦士」を信じているそうです。

キャステ

いわゆる信者だね!

そして、なぜか我々にタルラークの遺品のロケットを渡してくれました。
しかもこのロケット、タルラークの過去を追体験できるメモリアル・アイテムなんだそうです。

九条みく

そんな貴重なものくれちゃって大丈夫なんですか・・・?
え、前のめり過ぎてちょっと・・・

クマリオ

意外と食い気味で来られたからって引くのはやめろー!

もらったロケットをアルビダンジョンに捧げていざダンジョンへGOです!

ロケットを祭壇に入れるとルエリとしてダンジョンを進行します

こんな感じです。
メインストリームは以降も特定のキャラクターになり切って進むRP(ロールプレイング)系のクエストが良く発生します。

インベントリに「移動速度40%ポーション」が入っているので使用を推奨です!

どうやら「ルエリ」、「マリー」、「タルラーク」はティルコネイルのレイナルド先生にダンジョン調査を依頼されたらしいです。

キャステ

昔はオオカミたちも大人しかったし、でかいクモも居なかったんだって~

クマリオ

のどかだねぇ・・・

アルビダンジョンのボス部屋にて、ミレシアンにはお馴染みの巨大クモを倒します。
タルラーク曰くこんな生き物がエリンに存在するのはあり得ないらしいです。

九条みく

正直ボスモンスターなんだし、まあこんなもんでしょうって何も疑問を抱いたことありませんでした・・・

わちゃわちゃ3人で話していると、ルエリの夢の話になります。
どうもですね、ルエリが見た夢というのが・・・

キャステ

あいつだね

クマリオ

あいつだな

???

どうも、あいつです。

女神っぽい人?がルエリにタスケテーって言ったとかなんとか。
なお、ルエリ氏はわりとまんざらでもない様子。

キャステ

えげつない位鼻の下が伸びてますね・・・

【朗報】タルラーク、生きてる模様

RPクエストを進めた後、色々話を聞いているとタルラークはどうも生きてるらしいです。
生きてることはトップシークレットぽいのですが。

タルラークさんと話をするなら夜にシドスネッターに行くと良いらしいです。

エリン時間18:00~6:00まで

九条みく

わぁ。クマさんがタルラークになりました。

タルラーク=熊らしいです。
なお、タルラークは熊の姿について次のように供述しております。

キャステ

絶えずマナハーブを食べてなくてはいけない・・・
想像を絶する苦労がありそうだね・・・

話を進めていくと度々出てくるワード「ティルナノイ」についてのヒントのようなものが貰えます。

九条みく

そうは言われてもねえ!ティルナノイってそもそもなんなんですか!

クマリオ

そんなときはこちら!「永遠の地、ティルナノイ」
ダンバートンの書店にて販売中!

タルラークさんは本屋で買ってティルナノイについて知ってくれって言ってたので本を買いに行くことにしました。

ティルナノイ、誰にも見向きもされていなかった

アイラの元へ「永遠の地、ティルナノイ」を買い求めに行きます。

九条みく

「永遠の地、ティルナノイ」、ください!

タルラーク、人気ないってよ

キャステ

まあ、その手の楽園~みたいな話っていつの時代も大衆文化にはならないよね・・・

しゃーないのでアイラさんに爆速で取り寄せてもらいました。
ものの数秒で届きます。

キャステ

すごいね、エリンの配送サービス!

クマリオ

配送だけインフラが異常なレベルで整備されているのかもしれない。

また、アイラさんから本を貰うついでになぜか鎧一式貰えます。
さらっとサービスなんで~みたいなこと言われたので突っ込みませんでしたが

九条みく

本当に何ででしょう・・・?

ティルナノイはいわゆる「あの世」らしい

届いた本「永遠の地、ティルナノイ」を全編読んでみるとどうもこういう事らしいです。

ざっくり本の概要
  1. エリンで死んだ者は再びティルナノイで生を受ける
  2. 偉大な英雄たちは死んだ後神になり、ティルナノイへ向かう
  3. ティルナノイに関する記録や資料はほとんどない
  4. ティルナノイの景色はとにかく幻想的らしい
九条みく

どう考えても天国ですよね・・・?

なにやら眉唾ものの話になってきました。
とりあえず、「永遠の地、ティルナノイ」を読んだのでタルラークに本を渡してみます。

九条みく

かわいそうなんで、人気なかったことは黙っておいてあげました。

どうもタルラークさんはこの本を読んで我々がティルナノイへより興味を持ったと思ったようです。

クマリオ

実際どう?興味あります?

九条みく

いやぁ・・・?

【悲報】ティルナノイ、魔族の土地だった

タルラーク曰く、本に書いてあることは嘘だけれど、ティルナノイは存在するそうです。

キャステ

あ~!美人局ってやつだね!
ルエリ乙!

我々が楽園と信じて疑わないと思っていらっしゃるのか、自分の目で確かめて来いとおっしゃってきました。

九条みく

しゃーないですね。行きましょう。
場所はどこですか?

クマリオ

忖度がお上手で助かります・・・
バリダンジョンです!

遠くに移動するため移動用に「赤い女神の翼」が貰えます。
時短の為、特に理由がないなら使ったほうが良いです。

褐色魔族ダンジョンは拍子抜けするほどすぐ終わる

グレムリンとか居てすごーく昔は攻略大変だったんですが、今は笑っちゃうほど簡単にクリアできます。

九条みく

思い出クエスト様様ですね。

タルラークから半ば強引に行って来いよと言われていざ行ってみると、ボス部屋でブラックウィザードさんに説教されました。

九条みく

ちょっと理不尽過ぎではないですか・・・?

クマリオ

指示通り来ただけなのに、ここまでけちょんけちょんに言われるのは何だか社会の理不尽さを感じるよ

ブラックウィザードさんも今となってはさほど強くもなく、チェーンで適当に殴ってたら沈んでいきました。

九条みく

偉そうなこと言ってるからです。ぷんすか。

宝箱部屋で忘れず「魔族のメダル」回収!

取っておかないと、もう1周する羽目になります。
こいつを忘れずに取っておきましょう。

バリダンジョンで拾った「魔族のメダル」は誰のもの?

カムガンにダンジョンで拾った「魔族のメダル」を見せると気になる発言が飛び出します。

司祭なら誰でも持っているようなアイテムらしいです。
誰かが無くした物かもしれないから、とりあえず各地の司祭に見え覚えないか?と聞いてみたらいいんじゃないかと言われました。

九条みく

とりあえず近いですし、ダンバートンのクリステルさんの元へGOです。

クリステル、どう見ても黒っぽい

クリステルに魔族のメダルを見せると、「あー、これは司祭のメダルっすね。え?魔族が持ってた?なわけないっしょー。あ、裏面みりゃ誰のものか分かるじゃん!」と言い、裏面を見ると明らかに動揺し始めました。

九条みく

においますね・・・

クマリオ

こいつぁ、事件のにおいだ

とりあえず裏を取るべく、ティルコネイルのメイヴン司祭に話を聞きます。
が、どうも法王庁で支給される魔族メダルと微妙に違うみたいです。
また、裏面を見ると・・・

クマリオ

クリステルさん、何であんな激しく動揺してたんでしょう。

魔族言語に詳しいと言われる人をレイナルド先生から紹介して頂き、いざアルビダンジョンバトルアリーナへ!
※コインは1枚落とせばOKです。

キーワードは「女神よ、月光を貸してくれ」

メダルの裏にはこう書かれてたらしいです。

九条みく

ぬおーーー、分かりません!
ふしゅーーーー

ゴロ、割と無能っぽい

解析に困難を極めた我々は、何かを知ってそうなタルラーク氏に話を伺いました。
タルラーク氏に話を聞くと、ゴロの言ってた解釈は微妙に違うそうです。

九条みく

言われてみれば、ゴロのは何だか直訳っぽい言い回しですよね。

確かな情報筋からの解釈らしいので間違いはないんじゃないかとのことです。

問いただしにゴロのもとを訪ねると・・・

九条みく

おい。

お詫びに、魔族後に詳しい方を教えてあげるよ!って言われましたが・・・

九条みく

おい。

こちらの怒りが通じたのか、気になる事を教えてくれました。

九条みく

ダンバートンですか・・・へぇ・・・

一体、誰なんでしょうねぇ・・・(遠い目

次回予告

九条みく

えー、裏切り者って誰なんですか!

クマリオ

分からない・・・けれどダンバートンの中に居るんだ。絶対に探し当ててやる!

次回、マビノギの歩き方「裏切りのクリステル」

キャステ

次回も読んでね~

ではまた、ばいばいっ!

次の話はこちら。

マビノギの歩き方Part8~裏切りのクリステル(G1その②)~ 今回はG1攻略その②です!前回に引き続き、G1のストーリーをゆるく追っていくという構成になっています~ クマリオ おや、みくさん...