マビノギ

スキルスロットの組み方は割と性格が出るんじゃないかなって【マビノギ】

今回は私がどうやってスキルスロットを組んでいるか?と言う考え方について話していきます。

正直これが正解!っていうものが存在しないので、今回の話もそんな考え方もあるよね程度に聞いていただければ幸いです。

なので今回はスキルスロットの組み方について悩んでいる方や、いつもとは違う考えでスキルスロットを構築してみたいって方のためにヒントになるようなものにしていければと思います。

また、今回は全編プレイヤーのスキルスロットの話です!ペットの方は含まれていません。

動画版はこちら。

とりあえずスキルスロットの定義から

実はマビノギのスキルスロットは沢山あります。
それぞれまずは名前を定義してあげます。(とは言いつつ公式の呼び名です。)


とりあえず今回はこの名前でそれぞれ説明をしていきます。

ちなみに、上段スキルスロット以外はデフォルト非表示になっているはずです。
表示したい場合は「環境設定 > ゲーム > その他」で下記にチェックを入れればOKです。

ちなみに、「追加スキルスロットロック」にチェックを入れると追加スキルスロット1、2共にスキルの入れ替えが効かなくなりウィンドウが固定されます。

クマリオ

個人的には完成したらロックしておく方がやりやすいです。

使用デバイスについて

使用デバイスってスキルスロットに関係ある??と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

実はあります。

何が関係するかって大体マウスかキーボードだと思うんですが、私の環境の場合はマウスです。
使用しているのはLogicoolのG600です。

こういう手榴弾みたいなマウスです。

実はこのマウス画像を見ていただければ一目瞭然ですが、自由にキーを割り当てられるボタンが12個付いています。
つまりこのマウスを使用すれば上段スキルスロット・追加上段スキルスロットの1列を全てカバーできるようになっています。

クマリオ

正直マビノギはもうこれ以外使えないです。
と言うか、使いたくないです。

でも、「F1~F12」までしかカバーできないんでしょ?と思ったそこのあなた。
実は「1~-」までもカバーできるんですよ。

画像の赤枠で囲ってある部分を押しながら横のボタンを押すと、この赤枠を押していない時と別のキーを使うことができます。

例えばF1を割り当てている場所に1、F2を割り当てている場所に2…などの割り当て方ができます。

流石にこのマウスを使うのと普通のキーボードを使うのでは明らかに操作性が異なるので、使用するデバイスでもスキルスロットの組み方も変わってきます。

ちなみに上段スキルスロット2行目の「=」は日本語配列キーボードだと、どう頑張ってもショートカットキーを割り当てられないのでG600を使ったところでどうにもなりません。

このマウスはめちゃくちゃおすすめなので商品リンクも貼っておきます。

ちなみに、過去に買った時に記事にもしてます。

圧倒的な多ボタンマウスでマビノギが快適になった【G600】 前々から気になっていた圧倒的なボタン数のゲーミングマウスG600を購入してみました! 手榴弾でお馴染みのマウスをついに買ってみた...

本題のスキルスロットの組み方

前提も共有できたところで、いよいよ本題に行っちゃいましょう!
全箇所での共通的な考え方の話とそれぞれの箇所で個別に考えていることを説明していきます。

全箇所共通での考え方

一番大事なのはスキルスロットを考える目的がどこにあるか、これを意識することです。
私は円滑に・楽に戦闘をするためと言うのが一番の目的です。

まず、自分の主な戦闘スタイル・主な戦闘場所・自分の使いやすいキーはどこなのかなどを深堀りして考えていく必要があります。

戦闘スタイル

いつも私がスキルスロットを変える際に考えていることを簡単にですがまとめてみます。

戦闘スタイル
  1. 主に使う武器は?
  2. 武器毎のメインスキルは?
  3. ペットは使う?使わない?
  4. アクティブな特性は使う?使わない?

主にこの4つです。
大体「何を」「どれくらい」が明確になれば、ある程度はスキルスロットを組めるんじゃないかなと思います。

例えば私ですと・・・

  1. 主に使う武器はシリンダー、ナックル、チェーン、手裏剣、両手剣、ソロの時は演奏も
  2. 使うスキルは
     シリンダー:フレイマー、ブリュの時にスパーク
     ナックル:チェーン全般、バックステップ・リストアは使わない
     チェーン:チェーンインペイル、チェーンスイーピング、デスマーカー
     手裏剣:乱れ苦無と奥義・桜時雨
     両手剣:FH
  3. ペットは使う。特にワイバーンとめぇは召喚攻撃が優秀だから優先的に。持っているワイバーンとめぇはなるべく全部使いたい。
  4. アクティブ特性は時間歪曲、固い意志、快速、状態支援は使う機会が多い。タコ行くときは裏面を見抜く目も使う。

みたいなことを考えています。
見ていただければ何となく察しがつくかもですが、別にあまり難しいことを考えているわけではないです。

戦闘場所

続いて戦闘場所です。
これは結構シンプルです。

戦闘場所
  1. 主な戦闘場所はどこ?
  2. そこに特化?ある程度汎用性を持たせる?

大体私が考えるのはこの2点です。
これも例を挙げます。

  1. 主戦場はティアガとタコ(最近ちょっと夢幻練習中)
  2. 基本的には①で戦いやすいスキルスロットを目指す。
    チェーン・手裏剣の各種スキルやFHはそれ以下の難易度の場所でもよく使うので、覚えやすいキー配置を目指す。

②は若干言いたいことが見えにくい気がするので一応補足します。

基本はティアガやタコをメインで周りたいのでそこで戦いやすいスキルスロット作りを目指しています。
とは言いつつ、それ以外を捨てて考えるといちいちスキルスロットの切り替えが面倒なので、汎用性が高めのスキルは覚えやすい・押しやすい場所に優先的に割り当ててどこでもそれなりに戦えるスキルスロットを作りたいという意図です。

押しやすいキー配置

では最後押しやすいキー配置について。
ここは前提で話したデバイスが結構影響します。

例えばキーボードのみでやっている方はおそらくF1〜F4、1〜4のように極力Ctrlキーから近い位置に頻繁利用するスキルを持ってきたいのではないかと思います。(実際私がそうでした)

しかし、私の場合はG600のマウスを使っており上段スキルスロットは全てマウス操作のみで完結できます。
私の場合は押しやすいのはF1〜F12なのでここに頻繁に利用するスキルを持ってきています。
更にG600は1列3ボタンのため、できるだけ3つ区切りで極力関連するスキルを配置するよう心がけています。

こんな感じで押しやすいキー配置は前提が違えば全く異なる結果になると思います。
自分にとって押しやすい場所はどこなのか?も一度考えて見ることをおすすめします。

上段スキルスロットは極力頻出スキルを

スキルスロットの要は正直上段スキルスロット・及び追加上段スキルスロットです。
ここが使いやすければ、ある程度快適なマビノギ戦闘ライフを送れると思います。

私はF1〜F12、更にShiftキーを押した状態のF1〜F12をメインのスロットとして主に利用しています。

基本的な考え方として、1行目の上段スキルスロット(F1~F12)はほとんどどこでも使うようなものを中心に組みます。
2行目は8スロット設定できてある程度柔軟に変更できると思っているので、行く場所に合わせた最適を考えるのもありだと思います。

ただし私はどっちかと言うとこのタイプなのですが、あまり手に馴染まないスキル配置を使うとミスが増えるので極力2行目もどこでも使えるようにしています。

正直、手馴染みってめっちゃ大事だと思っていてそこまで最適化されていないスキルスロットだったとしても慣れ次第でどうにかなっちゃうこと、あると思います。

ちなみに追加上段スキルスロットも考え方はほぼ同じです。
私は上段スキルスロットと追加上段スキルスロットはマウスにショートカットを設定して、いつでも切り替えられるように設定しています。

マビノギ内のキー設定は「追加上段スキルスロット転換」です。

追加スキルスロットは緊急性が低いもの

追加スキルスロットはクリック使用しかできないため、比較的緊急性の低いものを置きます。
従って私は攻撃系のスキルを追加スキルスロットに入れることはありません。

見ていただくと分かると思いますが、全てペットです。

良く利用するのはディナシー、クリスタルルドルフ、キョンシーあたりですね。
強いて召喚時の緊急性が高いというならキョンシーですが、正直キョンシーの入力を急いだことが無いので私は追加スキルスロットに落ち着いています。

急いで使いたい状況が生まれればキョンシーも上段スキルスロットに組まれると思います。

不正解はあるけど正解はないというやつ

何が言いたいって結局全く使わないものを置いておくとか分かりやすい不正解はあるけれど、正解はどこにもないよっていう話です。

自分にとっての正解は何だろう?って未だに見つかりません・・・
何ならこの記事を書いている間にもまた微妙にスキルスロットの配置が変わりました。

これだ!って言うのがいつか見つかれば良いなと思います。

ではまた、ばいばいっ!