マビノギ

マビノギのPart9~グラスギブネンを作って遊ぼう(G1その3)~

G1ストーリーを追っかけ始めてはや3回目!
今回はいよいよG1の完結に向かいます。

九条みく

本当に終わりますかね?これ・・・

クマリオ

KIAIとKONJO!

一抹の不安を覚えながら、我々はグラスギブネンについて調査を進めていくことにしました。

前回のあらすじ

さくっと前回の内容を振り返ります。

  1. ストーカー・クリステルはタルラークにご執着
  2. マウラス、人間に絶望する
  3. 同じく人間に絶望した女神モリアンにより、グラスギブネン作成プロジェクト始動。人間をぶっ潰す
九条みく

プロジェクト自体が承認下りずに頓挫すればいいのにと思います。

クマリオ

多分女神のワンマンだから無理でしょう。
やれと言われたらやらなきゃいけないんだよ、現場は。

キャステ

基本的に経営層には喧嘩腰なんだね・・・

前回の内容はこちら!

マビノギの歩き方Part8~裏切りのクリステル(G1その②)~ 今回はG1攻略その②です!前回に引き続き、G1のストーリーをゆるく追っていくという構成になっています~ クマリオ おや、みくさん...

【朗報】グラスギブネン作り、超大変だった

「破壊の化身、グラスグブネン」という書籍によると、グラスギブネンを作るには以下の材料が必要らしいです。
作るのは大変そうですが、皆さんも是非グラスギブネン作りにチャレンジしてはいかがでしょうか。

必要な材料
  1. 莫大なマナを保有した優秀なドルイド
  2. グラスギブネンの骨(無ければアダンマイトを骨型に形成したもの)
  3. アダンマイトで骨を形成した場合、魔法効果向こうを除去する特殊な塗料

これら3つを予め用意した上で、①に召喚の儀式を行ってもらいます。マナを供給してもらったグラスギブネンは①の意志に従うようになるらしいです。

また、グラスギブネン召喚後エサとして金を与え続けなければなりません。
モンスターが金を持ち歩くのはグラスギブネンを召喚する準備という一説もあるそうです。

キャステ

それで沢山金貨を持ってたりするんだね~

アダンマイトも相当に希少な金属らしく、そこまで採れないそうな。
なーんだ、こんなもの日和る必要ないじゃんとタルラークに報告に行きました。

九条みく

タルラーク!グラスギブネン作るの大変でした!

しかし、タルラークはかなり絶望しきっていました。
なんと魔族たちは既にグラスギブネンの骨をほぼほぼ組み立て済みだそうです。

なら、壊せば良くないか?と提案しましたが、アダンマイトは一度固めてしまうと壊すのは不可なほど硬いそうです。

タルラークはティルナノイでほぼ組みあがった状態のグラスギブネンの骨を目撃したらしく、私たちにもその記憶を追体験して欲しいと依頼をしてきました。

当時かけていたタルラークのメガネに「保存の魔法の粉」をかけて、劣化を止めてメモリアル・アイテム化させるそうです。
「保存の魔法の粉」はフィアード一般ダンジョンを回ると手に入るそうなので早速取りに行くことにします。

キャステ

ダンジョンに入る際は何入れてもおっけーだよ~

謎の男の正体はダークロードだった

無事「保存の魔法の粉」も手に入れたのでタルラークのメガネに使用してもらい、ラビダンジョンへGO!

今回のRPダンジョンは初めて消えた三戦士のタルラーク・ルエリ・マリーがティルナノイに入った時のようです。
時系列的には前回マウラスが闇落ちした直後にあたるのかな?

この時点ではまだ女神も闇落ちしていることを知らないようです。
RPのプレイヤーキャラクターはマリーになります。

アローリボルバー(連射系スキル)とマグナムショット(スマッシュ系スキル)をうまく使い分けて進んで行きましょう!

九条みく

弓ランクが上がり切っていないから若干使いにくかったですが、普通にクリアできる難易度でした。

ボス部屋の前でダークロードが出てきますが、あっさり倒されます。
前回マウラスのRPで出てきた謎の男の正体っぽいです。

やられた帰り際、捨て台詞を残して去っていきます。

キャステ

負けた直後によくもまあこんなペラペラしゃべれるよね~

クマリオ

要約すると「これで勝ったと思うなよー!」だもんね・・・

マウラスの娘はマリー?

RP前にタルラークが言った通り、形がはっきり分かるほどグラスギブネンの組立が完了しているようです。

ワイワイ雑談していると、奥からマウラスが登場します。
会話から察するにマウラスは既に闇落ち後っぽいです。

闇落ちしていることを当然当時のタルラークは知っているはずもなく、マウラスに色々訪ねようとしますが召喚されたゴーストナイトにより生け捕りにされそうになります。

キャステ

きっとマウラスの中でも色んな葛藤はあったんだろうね・・・
人間を諦めはしているけれど、弟子に剣は向けれないよね。

タルラークがマリーをかばうべく「マリー、私の後ろに来てください」とマリーの名前を呼ぶとマウラスが反応します。
娘の名前は本の中で明かされていなかったので、もしかしたらマウラスの娘はマリーなのでしょうか。
マリーの名前が出た瞬間、マウラスは取り乱し始めます。

すると過激派女神モリアンが登場します。
マウラスが捕えよと命じたタルラーク・ルエリ・マリーの首をはねるよう命じます。

ここで場面が転換し、ラビダンジョンの奥になります。
どうやら理由は分かりませんがタルラークのみティルナノイから還されたようです。

タルラークはすぐにでもはぐれた仲間を助けに行きたいようですが、負傷が激しく動けない模様。
恐らく、クリステルはここで匿っていたのだと考えられます。
クリステルがタルラークを助けた理由は、愛について知りたいからだそうです。

九条みく

魔族には愛という感情はないんですかね?
割と情緒のようなものがありそうですが。

クマリオ

まだあんまり分からんよね。
今後その辺も深く知れるとうれC

タルラークはマウラスに助けてもらっていた

RPダンジョンから戻り、タルラークに見てきたよーと報告に行きました。
タルラーク曰く、マウラスに助けられたそうです。

助けられたはいいものの、戻ってきたタルラークはマナの制御ができなくなっており高レベルの魔法を使うことができなくなったらしいです。

ドルイドとしての道は完全に閉ざされてしまったタルラーク。
少し前にダークロードが言っていた「自分の持っているものを捨てなければいけないもの」はタルラークだったようです。
クリステルと一緒に過ごすも、あまり良い成果は得られなかったようです。

その後、クリステルに愛を教えるどころか自分は苦痛を与えるだけとタルラークはクリステルの元を離れます。

ボロボロになっているタルラークですが、タルラークの生きる目的はこの時点では以下の二つになるそうです。

タルラークの生きる目的
  • 女神の被っている偽りの仮面を暴く
  • 魔族の手先になったマウラスに罪を問う
キャステ

執念じみた何かを感じてたのはこれだけ壮大な目的があったからなんだね~

マリーも助けられてた!・・・あれ?ルエリは・・・?

これまでの話とタルラークの話を合わせてダンカンに報告するも、いまいちしっくりこないし信じきれない様子。

九条みく

なーーー!保守的じじいめ!

クマリオ

年取ると保守的になるもんなんだよきっと。

少しだけ消化しきれたのか、ダンカンは我々に一緒の秘密としていた秘密を教えてくれました。
マウラスはマリーを助けたくて魔法を使ったらしく、マリーも同時に助けられたそうです。

キャステ

あれ?ルエリは?

クマリオ

科学ノ発展二犠牲ハツキモノデース

マウラスの妻であったシラは既に貴族たちにより帰らぬ人とされてしまいましたが、マリーはマウラスに助けられた後オオカミと鹿に保護されダンカンの元へ届けられました。
届けられたマリーはダンカンが育てたとのことです。

また、シラの手によりマリーから父と母の記憶は消されていました。
大人になったら父と母の記憶を取り戻すべく、「折れたトルク」の片割れをマスダンジョンに入れてRPで記憶の追体験をしてもらう予定になっていたそうです。

しかしどうやら折れたトルクはマリーには既に必要とならなくなったものらしく、私たちに譲ってくれました。

キャステ

そういえばティルコネイルにマリーっていないもんね~
どこに居るんだろう?

クマリオ

これから分かるのかな?

前回折れたトルクのRPを実施した通り、マスダンジョンへGOです!

RPで新事実発覚!どうも事情が変わってきた

マスダンジョンへ入ると、再びマウラスのRPクエストが始まります。
ただし、今回はシラの霊体?のような存在が付いてきます。
当然ながらマウラスに声は聞こえていません。

進行は基本的に前回勧めたマウラスのRPと同一の内容です。
女神のところに連れていかれた所から、どうも様子が変わってきます。

実は女神モリアンは本物ではなく、キホールという魔人だったようです。
シラにはなぜかモリアンに化けたキホールが見えていました。

ダンカン曰く、キホールはとんでもねぇやつのようです。
キホールという名を出すだけで数々の悪行三昧を我々に教えてくれました。

キホールの悪行一覧
  • グラスギブネンでダンカンたちの先祖を殲滅
  • クロウクルアフという狂暴なドラゴンを連れてきて騒動を起こす
  • 女神のエリンでの命を奪う
  • 女神になりすまし反人間勢力を集める
キャステ

某漫画なら何億ベリーも賞金かかってそうな大物だよ!

ダンカンにもタルラークにもティルナノイに行くんだYO!と急かされ、ティルナノイに向かうことになりました。
そろそろクライマックスも近そうです。

九条みく

結局あのグラスギブネンとかいうやつと戦わされそうな気がしてならないですね・・・
何とかなりませんか?

クマリオ

なりません。

出張決定!魔族の地、ティルナノイ

我々に課されたミッションは大きく二つ。

  1. マウラス現場監督指揮のもと製作中のグラスギブネンを破壊
  2. 本物の女神モリアンを救出

ただし、ダンカン曰く前述の塗料の準備さえできていれば既にグラスギブネンは生まれてるかもしれないから動いてたら倒してきてね☆とのこと。
これらのミッションを達成するためティルナノイに向かいます。

九条みく

行け行け言う割に、あんまりサポートしてくれないですよねこの方たち。
もっと手厚くサポートして欲しいです!

クリステルからティルナノイに向かうために「黒魔族通行証」という通行証を貰いました。
これをバリダンジョンへ捧げてダンジョンの奥地へ向かうとティルナノイに入れるそうです。

クマリオ

ダンジョン自体は超しょーもない難易度なのであまり苦戦せずクリアできると思います!

ティルナノイに到着!ティルコネイルに酷似した世界

バリダンジョンをクリアして宝箱部屋の奥の門を開けるとティルナノイに入れます。
ティルナノイは非常にティルコネイルと酷似した場所です。

とりあえず辺りを探してみると、ティルコネイルで言う村長の家付近にダンカンもどきが居たので話を聞いてみることにしました。

彼の名は「ドウガル」と言い、このティルナノイに残った最後の人間らしいです。
彼曰くここはティルナノイではなく単なる魔族の地であるとのことです。

キャステ

なんで魔族の地に人間が一人で残ってるんだろうね?

どうもこの世界で生命力を失うと、魂がエリンに帰ってしまうため元の世界に帰されてしまうそうです。
それを防ぐため、「エディッドソウル現象」という現象を利用するそうです。

エディッドソウル現象

魂が肉体から分離した際、完全に肉体から分離せず肉体の周囲を魂が残留し、意思を持たない生命体の肉体に憑依したり、不定形な精神体となったりする現象

九条みく

つまり・・・?

クマリオ

どうにかして不定形な精神体と肉体をくっつけるんじゃないかな?

この現象を試すべく、墓地付近のゾンビを倒してエディットソウル現象をしたところ無事問題なく復活できるとのことです。
どう問題ないのかさっぱりピーマンでした。

とりあえず復活できるようになった後は特に何も説明はありませんが、クエストに従いアルベイダンジョンを攻略します。

九条みく

何かこの辺にきて急にトーンって突き放されましたね。

クマリオ

もう自分で考えていい感じにできるやろ?っていうプレッシャーです。

アルベイダンジョン攻略はガーゴイルに注意

流れとしては、下記のようなフローで攻略します。
アルベイダンジョンはエリンでいう所のアルビダンジョン付近に存在しています。

アルベイダンジョン攻略フロー
  1. アルベイダンジョン祭壇に「緑の玉」を捧げて入場
  2. ボス部屋攻略後、ボス部屋角にあるダンジョンのスイッチぽいやつを叩き「黒い玉」入手
  3. アルベイダンジョンに「黒い玉」を捧げてダンジョン攻略

②でいうダンジョンのスイッチぽいやつはこれです。
本当は台座に黒い玉が付いていたんですが、既に落とした後でした。南無。

緑の玉のダンジョンですが、道中はキア下級程度の難易度です。
気を付けるべき点としてはボス部屋のガーゴイルがやや攻撃力が高い為死なないように注意しながら戦わなければなりません。

アルベイダンジョンではフェニックスの羽以外でダンジョン内で復活できません。

九条みく

これまでが結構余裕だったので余裕ぶっこいてたら痛い目見ました・・・

クマリオ

ポーション準備は忘れずに!
慌てるとやられがち・・・

黒い玉ダンジョンはラビ下級とフィアード下級を足したような難易度でした。
ただし、道中にライトガーゴイルが出てくる分若干難易度が高いです。

こちらはボス部屋に出てくる敵が「ゴーストアーマー」でぶっちゃけ緑の玉で入場したアルベイダンジョンより弱いです。

グラスギブネンの意志は人の言葉を喋れたみたい

黒い玉で入場したアルベイダンジョンをクリアすると、女神からお礼のビデオレターが届きました。
内容はこんな感じ。

女神のありがたいお言葉
  • 助けてくれてさんきゅー!
  • グラスギブネン復活するから倒してーな
  • グラスギブネンは意思だけ分離されててこの魔族の地におるで
  • そいつ探して私のペンダント持ってくんだよ
  • 探し出したらグラスギブネン復活するって伝えてみ。助けてくれるで。

九条みく

とは言うものの、怪しい人一人しかいませんが・・・

というわけでドウガルに直撃インタビューです!

キャステ

ドウガルさん!グラスギブネンというのは本当でしょうか!?

ドウガルはどうやら「エディッドソウル現象」で魔族の地に残ってた人間の体にグラスギブネンの魂が乗り移ったという事らしいです。

九条みく

話を聞いてる感じ、別に乗り気でもないのに勝手に呼びやがってという感じですね・・・
グラスギブネンさんも大変そうです。

クマリオ

もしかしたら狂暴なのって自分の意志に関係なく呼び出されたことへの怒りなのかもね。

ドウガルもグラスギブネンとしてさっさと自分の居た世界に帰りたいそうです。
なので、今ここに居るグラスギブネンの体を倒して欲しいとの事です。

九条みく

種族が違うとはいえ、この世界に縛り付けられたままなのもきっとつらいですよね。
しょうがないですね、一肌脱いじゃいましょう!

というわけで、インベントリにある「女神のペンダント(バインド)をアルベイダンジョンへ捧げてラストダンジョンへGOです!

いよいよラストダンジョン!グラスギブネンとご対面

G1もいよいよ大詰め!ラストダンジョンにやってまいりました。
道中の敵は先程戦ってきた黒い玉までとさほど強さが変わりません。

ただし、各層のラスト宝箱部屋ではボスモンスターが出現する点のみ注意が必要です。

各層のラスト部屋ボス
  • 1層目:ヘルハウンド×2
  • 2層目:ライカンスロープ×1
  • 3層目:ヘビーガーゴイル×1
  • 4層目:ゴーストアーマー×6

九条みく

とは言うものの、初心者スペックの私がチェーンで余裕でした。

クマリオ

実装当時の廃人レベルは今の初心者は簡単になれるからね・・・

インフレの波にのまれたせいで、気合入れて挑んで行むととんでもない肩透かしを食らいます。
明らかに初心者スペックの九条みくを使用し、10分程度でボス部屋前まで到着できました。

グラスギブネンは既に復活していた

ボス部屋に入ると、まずは舐めるようなアングルでグラスギブネンとご対面です。

キャステ

相変わらずでっかいね~

グラスギブネンとご対面に度肝を抜かれていると、かませ犬でお馴染みダークロードが現れます。
よくぞここまで来た、だがここで貴様も終わりだHAHAHA!的な事を抜かしています。

九条みく

この人基本敗戦ばっかりなのになんでこんなエラそうなんですか・・・・

勿論この後秒でぼっこぼこにされます。
倒すと奥から偽物の女神モリアンとマウラスが出てきます。
どうしましょう、グラスギブネンは復活しました。とのことです。

九条みく

こっちが聞きたいですよそんなもの

どうやら我々がグラスギブネンの最初の敵として実験されるようです。
この後、最後の戦闘がいよいよ始まる!

【悲報】グラスギブネン、チェーンのみで完封可能

会話パート明けに、早速グラスギブネンと戦うことになります。
比較的タゲ範囲が短いので距離さえきちんと取っていればタゲられることはありません。

まずは焦らず距離を取って戦闘態勢を整えましょう。

九条みく

全然見えてなさそうですね。手でも振ってみましょうか。
おーい。

クマリオ

こっち見てすらないし、そもそも視力とかあるのかなぁこいつ。

いざ実戦!
・・・すると拍子抜けするくらいあっさり倒れてしまいました。

九条みく

ドルカ貯めてチェーンインペイル当てるだけで倒れちゃいました・・・
正直ガーゴイルの方が怖かったです。

倒すといよいよエピローグ!

どうやらマウラスは既に女神は偽物でキホールであることを薄々感付いていたようです。
そのため、グラギブネンも完全な状態に仕上げていなかったとのこと。

グラスギブネンが倒れた今、キホールの計画は頓挫したから諦めろとマウラスは言いますが、キホールはこれが計画の始まりと言います。

とマウラスは言っていますが、今の我々にはさっぱりピーマンです。
計画を防ぐべく、マウラスはキホールを倒そうとしますが返り討ちになってしまいました。

危うくうちのみくさんもやられそうになりますが、颯爽と本物の女神モリアンが助けに来てくれました。かーっくいい!

キホールは、今女神と戦うのは時期ではないと消えていきます。

何とか、助かった我々にモリアンが話しかけに来ました。
モリアンが言うにはグラスギブネンが破壊されたことにより邪悪なマナが流出し、エリンの秩序に逆らうことでエリンと他の世界を繋ぐ通路を作り出したとのこと。

この部屋にできた大穴がそうらしいです。

キホールの目的は最初からこの大穴を作る事だったみたいです。
この穴ができたことによりエリンにダンジョンを介せず直接エリンに送れるようになったらしいです。

九条みく

あの噛ませがいっぱい増えるんですか・・・?
勘弁してほしいです。

モリアンによりエリンへ帰り魔族の侵入に対する準備を始めてくれと命じられました。
もう少し、功労者への労りが欲しい所です。

マリーの正体

Q.ミレシアンが最初に会ったのは誰でしょう?

キャステ

はい!はい!ナオさんでーす!

実はこのナオが今のマリーだったようです。

九条みく

顔は見切れてますが、完全にナオさんです。
本当にありがとうございました。

さらっとナオの正体を明かされた後エリンに帰されます。
どうも魔族の侵入に対する準備の第一歩として騎士の道を歩むよう言い渡されます。

九条みく

本当に一つ仕事終わったらまた一つ仕事が増えますね・・・

クマリオ

まあ社会ってそんなもんだよ仕方ない

あとがき

ようやく完結できました・・・
今まで4度ほどやっていますが、初めてちゃんとストーリーを読んだのでまとめるのめちゃくちゃ大変でした。

キャステ

一番印象に残っているのは?

クマリオ

振り回され続けるクリステル

G2以降もやるかどうしようか、うーんって感じですがそこそこ見られてそうなら続けてみようと思います。

ではまた、ばいばいっ!