コーヒー

水出しコーヒーを家で美味しく作ろう!作り方は超簡単

美味しい水出しコーヒーは、実はおうちで簡単に作れちゃいます。
必要な道具も実はそんなにありません!

キャステ

コーヒーの粉をパックに詰めないといけないとか聞いたけど、あれめんどくしゃいよう

クマリオ

今回紹介するボトルを使うとパック詰めいらないよ!
粉突っ込んで放置するだけ~

ボトルも非常に安く、作り方も簡単なので水出しコーヒーに興味がある方は是非読んで行ってください!

【はじめに】水出しコーヒーとは?

その名の通り、水で抽出したコーヒーです。
お湯で抽出するときと違い、何時間もかけて抽出します。

クマリオ

イメージ的にはお茶パックで麦茶作るのと大体同じです。

水で抽出するので割と時間が必要で、大体8~12時間程抽出に時間がかかります。

お湯で抽出したコーヒーと何が違うの?

まあ、細かい話言えばいっぱいあると思いますが結論

全然違う飲み物です

私が感じているお湯で抽出したコーヒーと水出しコーヒーの違いをざっくりまとめてみました。

比較してるのは一般的なお湯で抽出するペーパードリップとの違いです。

お湯と水で抽出したコーヒーの違い

  •  湯⇒苦み・酸味が出やすい
     水⇒甘味やフルーツ感が出やすい
  • 香り
     湯⇒広がるコクを感じる香り
     水⇒凝縮された少し甘そうなコーヒーの香り
  • 保存
     湯⇒酸化しやすい為、抽出後日単位で美味しさは保てない
     水⇒酸化に強く、2~3日は美味しさを保って保存できる

香りはクラフトボスのブラックが、水出しコーヒーにかなり近かったです。

味に関しては是非飲んでみて!っていう感じです。
一度飲んだら忘れられない、そんな味です!

水出しコーヒーに必要なもの

必要なものと言いつつ、そんなにありません。

必要なもの
  1. 中挽きのコーヒーの粉
  2. 硬度20mg/L~40mg/Lくらいの軟水
     ⇒ 軟水のミネラルウォーター買えば間違いないです
  3. 抽出するボトル

この3点のみです!
それぞれざっくり解説してみたいと思います。

中挽きのコーヒー粉

豆から挽くのがベストではありますが、何せ大量に粉を用意する必要がある(水12~14mlに対してコーヒーの粉1g程度)ので面倒なら最初から粉のやつを使用で全く問題ないと思います。

煎り具合に関しては、一般的には深煎りがおススメされているし、私個人的にも深煎りのコーヒー豆で作る水出しコーヒーが大好きです。
深煎りはこんなコーヒー豆です。真っ黒でちょっとオイリーなやつ!

ただ、中煎りくらいの豆で作った水出しコーヒーもめちゃくちゃ美味しかったのでくまLogはおススメします!

深煎りと中煎りの味の違い
  • 深煎り⇒芳醇ですっきりした味わいと甘みを感じる
  • 中煎り⇒キリっとした酸味とフルーツ感を感じる

っていう全然違う味わいになりました。
是非是非ご自身で試されてみてください!

硬度20mg/L~40mg/Lくらいの軟水

ウォーターサーバーとか浄水器があると一番用意が楽かなぁと思います。
ミネラルウォーターを買うのも手だと思います。

水は完全に好みなのですが、私はこの辺の水を使って作るコーヒーが好きです!

特に下の四万十の純天然水、めちゃくちゃ美味しいです・・・
前たまたま使ってみてからこの水の大ファンです。

キャステ

水の用意めんどくさい!水道水でもいい!?!?

クマリオ

日本在住なら問題なーし。
ただし、塩素とかの匂いがするからどうしても味は落ちるんだけれど・・・

抽出するボトル

お茶とかのピッチャーで出す方法もあるのですが、私は断然このボトル使用をおススメします!
お値段もかなり安めで、水出しコーヒー作りに特化しています。

次項の水出しコーヒーの作り方も、このボトルを使って紹介します。

クマリオ

フィルターに粉入れるだけだから、本当に手間いらず!

水出しコーヒーの作り方

概要にまとめるとざっと4工程です。
粉の方は3工程!めちゃくちゃ簡単~

水出しコーヒーの作り方概要
  1. コーヒー豆を挽く(粉の方はスキップ)
  2. 粉をフィルターに入れてボトルにセット
  3. 水をそそぐ。注ぎ終わったら軽く左右に振る
  4. 冷蔵庫に投入!(8~12時間くらい待つ)

コーヒー豆を挽く(粉の方はスキップ)

既にコーヒーの粉になった状態の方はここはスキップです。

まずは中挽きのコーヒー粉を作ります。
ハリオのフィルターインボトルの推奨豆量は750mlに対しコーヒー粉55gです。
豆だとこの量です。

キャステ

量すごー!ひえー!

手で豆を挽くのはどう考えてもしんどいので、私は自動で引いてくれる機械を使っています。

デロンギの自動コーヒーミルです!
コニカル式のグラインダーで香りが飛ばないから、挽き立ては非常に良い香りが漂います。
この量でも30秒~1分位であっという間です。

ちょっぴり高いのが難点ですが・・・
一応リンク貼っておきます!
安めの電動ミルもたくさんあるので気になる方は探してみてください!

粉をフィルターに入れてボトルにセット

まずは用意した粉をボトルのフィルターにセットします。

粉の粗さはこの位あると、水出しコーヒー内に粉が出てこなくて良い感じです。
続いてフィルターの蓋をセットします。蓋をしたら矢印の方向に蓋を回転させます。「カチッ」って音がしたらOKです!

最後にフィルターとボトルを連結させます。
これのおかげで、粉を入れたフィルターが底に沈んで取れないといったことがありません。

クマリオ

このボトルを使う一番のおすすめポイントです!
底沈んだのとるの大変なので・・・

セットの仕方も簡単で、赤枠の溝にフィルターの蓋についてる突起を差し込み、フィルターを回転させるだけです。

水をそそぐ。注ぎ終わったら軽く左右に振る

フィルターのセットが完了したら、ボトルの蓋をボトルにつけて水を注ぎます。
ボトルの蓋の下くらいまで注いでもいい感じの味になります。
気持ち多めに注ぐっていうのがポイント!

冷蔵庫に投入!(8~12時間くらい待つ)

最早説明不要ですね!
1~2時間くらい放置するといい色してきてて飲みたくなりますが、我慢して待ちましょう。

仕込む時間ですが、個人的には夜のうちのどっかでいいかなと思います。
8時間経過した水出しコーヒーはこちら!

しっかり抽出できました!
抽出後は好みの問題ですが、渋みが出ると嫌なので私はフィルターを外します。
フィルターを外すと気が付くのですが、下の画像を見てもらうと分かる通り・・・

ガッツリコーヒー粉が水を吸ってます

200mlくらい持ってかれてる・・・?あれ・・・?
っていう感じです。

クマリオ

前項で気持ち多めに注ぐのがポイントと言ったのはこれがあるからです・・・

水出しコーヒーにおススメの豆

個人的に好きなコーヒー豆を二つ紹介しておきます。
色々飲んでみた結果個人的に好きな2種類です。

クマリオ

どちらも深煎り系です!

エチオピア モカ イリガチャフ G1 

1つ目は横砂園さんのモカです!
深煎りのモカを水出しコーヒーにすると、モカ特有の甘味がはっきり出てとても美味しく飲めました。
氷を入れると果汁感と甘みでお湯で抽出したコーヒーでは体験できない味になります!

粉にするか・粉なら引きの粗さはどうするか・焙煎度合いをどうするか等、結構細かい注文を受け付けてくれます。

また、非常にコスパが良いです。
400Gでこのお値段はめっちゃ安い・・・!

&’イタリーブレンド

2つ目はこちら!
&’(アンダッシュ)コーヒーさんのイタリーブレンドというブレンド豆です。
粉にする場合、粗、中、細の3種類から選ぶことができます。

コクと香りがとにかく豊かで、一度飲んだら忘れられない病みつきになること間違いなしの味でした。
すっきりなのに、コクがずっと口の中に残ってました。

クマリオ

何回もリピって飲んでます。

最後に

今回紹介したボトルですが、普段のお手入れは水洗いでオッケーです。
さっと水洗いで粉を落として、乾くのを待つだけです!

(毎日飲むかはともかく)毎日でも作れる手軽さなので気になっている方はこの機会にぜひ挑戦してみてください~~

ではまた、ばいばいっ!